脱力

指揮者・小澤征爾さんについて
書かれた書物を読んでいます。
意外にも私は元音大生です。。。

先程、軽井沢に帰る新幹線内で
読んでいたところ、ある一説に
驚きました。

d0339896_14052484.jpg


というのは、
「演奏家にとって一番大切なことは『脱力』。
一流と二流の技量の差は上半身、
特に肩や腕からどうやって力を抜くか、
抜けられるかで勝負が決まる」と。

ほぉ~。
この言葉、私が骨気を指導する時に
9年間言い続けている言葉。
下手な施術者は力が抜けずに力む。
それがお客様にとっては圧感になり、
自分に対しては腱鞘炎や腰痛、また
要らぬ疲労に繋がります。

スキルの高い者は故障しないだけでなく
何名施術をしても疲れません。
それは研ぎ澄まされた骨感だけで勝負が
出来、かつ『脱力』しているからです。

技量の高い骨気施術者のコツが演奏家と
同じとは驚きでした。

日本骨気協会
http://korugi.jp/
林幸千代
<< 軽井沢グルメ ビジネスミーティング >>

林幸千代 ブログ


by sachiyo