軽井沢夫人

夕べは、先月軽井沢の鮨屋で隣席だった
ご婦人とディナーをしました。
鮨屋のカウンター席で、65歳と仰る美しい
ご婦人から声をかけられ東京の住まいが
近いとわかると「何をされているの?」と。

軽井沢の鮨屋で一人カウンター席にいる
40代の私は確かに珍しい。
そこで簡単に私のプロフィールを話すと、
名刺をくださり「今度お食事しましょう」と
夕べのディナーに至りました。

d0339896_14053616.jpg
■軽井沢『ベルクール』にて

そして、ご婦人が持ち込まれた赤ワインは
ナント1978年物!36年前っ?!
ワイン好きの亡きご主人様が、ご子息の
誕生年に何本か買い揃えたものらしく。
そんな高価で大切なワインを私との会食に
飲んで良いものだろうか???と恐縮して
しまいましたが、有難くいただきお陰様で
楽しく美味しいディナーとなりました。

「今度は東京でお会いしましょうね!」と
お別れしましたが、軽井沢にいると、
若い女性より年齢を重ねた女性の方が
ずっと美しく幸せに見えます。
それも私が軽井沢を好きな理由かも。

日本骨気協会
http://korugi.jp
林 幸千代
<< 軽井沢のキノコ ムササビとモモンガ >>

林幸千代 ブログ


by sachiyo