ピアノの発表会

今年もこの季節になってしまいました…
私の心臓に悪い毎年恒例、母のピアノの発表会です。

夕べから自分の幼少時代のピアノの発表会を思い出す
ように心臓がドキドキしていました。
母の好きな多種類の真っ白だけの大きな花束を抱えて
会場へ着き、今日のために用意したシックなドレスを
身に纏い出番待ちをしている母を見つけて隣に座ると、
「あら、ありがとう、素敵なお花ね。」と、私より
遥かに落ち着いている様子。

「ママ、私の心臓に悪いから、来年はもう出るのを
止めてくれない?」と、言ってみたものの全くその気は
無いらしく、既に来年の曲も決めているようで…(っ!)

しかし、今日のパンフレットを広げてビックリ仰天。
母の選曲が、『ショパンのノクターン第2番』。(うっそー!)
「ママ、ノクターン、弾くのっ?!」と聞くと、
「えぇ、そうよ」と。
えっーーーー!
いつの間にそれほど上達したんじゃい?と唖然…

d0339896_14074004.jpg

■母の譜面

毎日最低一時間、何があってもピアノのレッスンは
休まない母を心の底から尊敬しました。
『継続は力なり』
言うは易し、行うは難し。
母から学ぶべきところは、まだまだ多いなぁ。

日本骨気協会
http://korugi.jp
林 幸千代
<< バカラのクリスマスツリー ミス・ユニバース世界大会まで2ヶ月! >>

林幸千代 ブログ


by sachiyo