招福楼軽井沢店 桂乃茶や

茶懐石の名店として知られる滋賀県東近江の『招福楼』。

京都からさらに1時間ほど走らなければならない名店が、
昨年、軽井沢の山奥の別荘地隣地に、8月、9月だけの
夏期限定支店として誕生しました。
私がそれを知ったのが昨年10月で、「来年こそ!」と思い、
ようやく昨晩実現しました。

d0339896_14074495.jpg


招福楼軽井沢店は『桂乃茶や』と言いますが、わずか
2ヵ月だけの軽井沢支店には、滋賀県本店『招福楼』から、
二代目のご主人自らが出張しています。
東京丸の内支店にも行かないのに、軽井沢支店は凄い。

しかも、東近江本店でのご主人は厨房から出ないため、
その姿を見ることも儘ならないのですが、夕べは幸運にも
カウンター真ん中席が私で、目の前でご主人がお料理は
もちろんのことお茶まで点ててくれて、カウンター席では、
私が一番若いお客だったこともあってか、茶懐石についてや
『招福楼』の歴史などたくさんのことを教えてくれました。

そして、「大満足!さて帰ろう!」と車の代行を呼んで
いただくと、3連休の中日で50分待ちだと。(っ!)
「えっ~、デザートも終わりほろ酔い良い気分なのに
あと50分も待つの~?!と、連れと落ち込んだ瞬間、
「そうだっ!シダ坊だ!」と思いつき、早速、電話をして
事情を話すと、「わかりました!すぐ行きます!」と、
僅か10分足らずでお迎えに来てくれました。(っ!)

シダ坊というのは、うちの管理をしてくれている
別荘管理会社ワタベ&カンパニーのナイスガイ!
彼のお蔭で、ひょっこり軽井沢生活が出来ています。

d0339896_14074436.jpg

■招福楼軽井沢店
お料理も二代目ご主人もステキでした。

日本骨気協会
http://korugi.jp
林 幸千代
<< 新幹線 荒牧陽子さんのディナーショー >>

林幸千代 ブログ


by sachiyo