粋なオンナ

先週末、軽井沢に帰る時、新幹線の通路を挟んで隣の席が、
田嶋陽子さんでした。

東京駅ホームで派手なファッションに身を包むショートボブの
大きなメガネの女性がいるなあ、と思っていましたが、
ストレッチの効いたパンツの細さに、「おお~脚がキレイ!」と、
チラッとお顔を覗いたら、田嶋陽子さんでした!
確か、軽井沢に別荘をお持ちでした。
タクシードライバーから聞いたことが有るような。。。

d0339896_14074650.jpg

■最近よく見かける看板!

そんな『女性』繋がりからか、先週末、軽井沢図書館で
借りた本は曽野綾子と桐島洋子。
曽野綾子さんの本は、人生観を考える名言ばかり。
その中で、私の人生哲学でもある『人間は+−ゼロ』!
つまり、人間が一生に受ける幸福と不幸の量は、差し引き、
皆同じということも書かれていました。

100の辛い経験を乗り越えた人だけが100の幸運を得ることが
出来て、辛くて苦しいことが1しかない、つまり、一見幸せに
思える人は、1の幸せしか来ない!という私なりの人生哲学と
同じことを説いていました。

また、桐島洋子さんはカッコいい!
ダイエットの基準は、
『好きな男の前を裸で横切れるかどうか』だと。
私もこんな粋なことが言える75歳になりたい。(笑)

ただいま新幹線内でブログ更新中。
昨日、軽井沢から恵比寿に帰り、今日から大阪と名古屋。
今週もたくさんJR東日本にお世話になります。
そろそろ盆暮れの挨拶が届くかな。(笑)

日本骨気協会
http://korugi.jp
林 幸千代
<< テレビの反響 4階新サロン >>