軽井沢 新津組

今日は某リビング誌から、軽井沢別荘の撮影と取材
依頼がありまして10項目について答えていました。

思い起こせば、15年前になります。
軽井沢の某ホテルから社員教育を依頼され、3ヶ月程
東京と軽井沢を往復していた時、軽井沢は旅行では
無く、居住してこそ価値があると思い、その時、
家を造るなら軽井沢!と決めました。

しかし、その後南国好きのパートナーが続いた結果、
休暇はもっぱら南国の海外リゾートで過ごしたので、
『軽井沢居住計画』はすっかり忘れていました。
そして数年後に山好きのパートナーに変わると、
「そう言えば…」と思い出し、本格的に土地探しを
始めたのが6~7年前。
土地探しに4年、建築家との建築構想に1年、建築に
1年の合計6年間かけてようやく完成しました。
仕事もプライベートもとことん追及し拘ります。

d0339896_14083708.jpg


そこで、土地は買ったが何もわからない長野県での
施工会社をどうするか?という時、軽井沢在住の
親しい別荘管理会社の担当者に相談すると、
「万が一、僕が家を造れたら絶対に新津組にします」と。
その情報をもとに早速、新津組でプレゼンを受けると
安定した経営状況と歴史、そして大規模な事業実績も
有する実力から、すぐに新津組に決めたわけですが、
本当に大正解でした。
というより、私の細部に渡る厄介な要望を、100%受け
入れてくださり、結果100%満足度を得られたのは
新津組以外では無理だったと思います。

そんな良き方々に恵まれた結果、15年前の漠然とした
夢である『軽井沢居住』が実現できましたので、その
お祝いに何かしようと…
そして思いついたことは、現在、私は極貧国の恵まれ
ない子供3名の年間教育資金を援助していますが、
それをさらに3名増やして6名の援助をすることにしました。

私が夢が叶ったように一人でも多くの子供たちの夢が
叶えられますように…

日本骨気協会
http://korugi.jp
林 幸千代
<< 軽井沢→恵比寿→大阪 軽井沢で夏休み >>

林幸千代 ブログ


by sachiyo