2009年最後のブログ

休日は、東京でも軽井沢でも、基本的には散歩と読書をして
静かに過ごすのですが、軽井沢では近くに書店が無いため、
毎回、軽井沢図書館を訪れます。

d0339896_14094162.jpg


そして、折角、軽井沢にいるのだから、東京では手にする
ことの無い、軽井沢に所縁のある作家の本でも読もうかな、
と、堀辰雄を通り越して、まず、室生犀星を手に取りました。

室生犀星晩年の傑作を読み始めたのですが、これほど
耽美的な小説を読んだことが無いような・・・
男女の情の切なさ、性欲や愛情のかなしさを、シュールな
設定で耽美的に描かれていました。
外は-3℃!雪景色の中、バッハを聴きながら、薪ストーブの
火がゆらゆらと、これまた耽美的な炎の動きに見惚れながら、
静かに時間が流れていきます。
週末、このように静かな時間を過ごすことで、平日の高揚
している自分をオフに戻すことが出来るのかなと思います。

d0339896_14094212.jpg


さて、明日から年末年始休業に入らせていただきます。
今年もたくさんのお客様と出会えた喜びを、スタッフ一同、
心から感謝をしております。
それでは、皆さまのより一層のご多幸とご健康を祈念して、
2009年最後のブログとさせて頂きたいと存じます。

皆さま、どうぞ良い御年をお迎えください。
来年も日本骨気協会を何卒よろしくお願い申し上げます。

2009年12月28日
日本骨気協会 
会長 林 幸千代
http://korugi.jp
<< あけましておめでとうございます 骨気 女性セブン >>