2010年 02月 28日 ( 1 )

恋愛相談室?

つい最近までは、お客様のお部屋に入るなり、部下への指導法や
転職相談など、仕事上での相談ごとが多かったのですが、最近は、
なぜか恋愛相談がとっても多いですねぇ。

「あっ、せんせ~!あ~ん、彼氏と別れちゃったよぉ~」、または、
「昨日、彼と久しぶりに喧嘩をしてしまって・・・」、さらに、
「彼の気持ちが全然わからないんですけれど・・・」等など。
『おぉ、そうかい、そうかい』と聞き、「でも、小顔になったし、
こんなに可愛いんだからいいじゃない?」と言おうものなら大変!
「もう!先生ったら!ちゃんと聞いてよ!」と怒られる始末・・・。(笑)

d0339896_14093804.jpg


一つ、アドバイスをするとしたら・・・
私を事業家として育ててくれた日本を代表する某大企業の
元専務取締役から教えて頂いたのですが、彼は、
東大法学部に吉原から通っていたというキワモノ。(笑)
その方が、70歳を過ぎて教えてくれたことは、
「林なぁ、女なんて、皆、同じなんだ」と。
その時は、冗談じゃないわよ!と憤慨した覚えがありますが、
40歳を過ぎたいま、「男なんて、皆、同じかも・・・」と。(笑)
つまり、自分が24時間365日理想的な相手(人間)なんて、
いやしない、って。
つまり、いやな部分が許容範囲を超えたら、選択肢は3つ!
1. 別れる
2. 自分が変わる
3. 相手が変わる
三者択一、シンプルです。(笑)

ただ、私はある時、゛ひとを変えることは出来ない゛、それは
相手の人格を否定することでもあり、親でもしてはいけないこと。
それを他人の私がして良いはずが無いと悟って、それからは
相手が誰でも、『求めず、期待せず、媚びず』で接しています。
そうすると、すごくシンプルに、ストレス無く生きられます。

d0339896_14093800.jpg


また、それと同時に自分一人で解決出来ないことは、一切
悩まないことにしました。
そうしたら、悩み事がほとんど無くなってしまってね。(笑)
たいていの悩み事って、自分一人では解決出来ないこと
なんですよね。
自分で解決出来ないことを、どれ程悩んでも意味が無いでしょ。
恋愛の悩みなんて、その最たるものですよね。
だから、あまりクヨクヨしなさんな、三者択一ですよ。(笑)

日本骨気協会
http://korugi.jp
林 幸千代