カテゴリ:軽井沢( 273 )

異常気象?!

金曜日の夜、軽井沢駅に到着すると、駅ホームは真っ白!
あと10日ほどでゴールデンウィークに突入すると言うのに、
今年は全く異常気象ですね。

d0339896_14093420.jpg

翌朝起きたら、うわ~積雪30cm?!4月半ばだというのに・・・


d0339896_14093429.jpg

しかし季節はやはり春ですね、日中気温がどんどん上がり、
すぐに雪解け。新芽が一日ごとに成長していました。


ちょうど今、近くに別荘を建てられている恵比寿のお客様が
いらっしゃるのですが、そのお客様とお会いする度に、
「先生、軽井沢で何をするんですか?」と聞かれます。
私はひとさまに言えるような大層なこと(?)は全然してなくて、
冬なら薪ストーブを焚いて、読書をして、シャンパン飲んで・・・。
その繰り返し。(笑)
そう申し上げたら、
「はぁ・・・、私、まだそういうの出来なくて。娘とアウトレットに
行ったり。でも買い物だったら東京の方がいいし。主人は
ゴルフやテニスをするから軽井沢が大好きなんですが」と。

そうか・・・
そういえば、大石に、
「先生は場所が変わるだけでやってることは一緒ですよね」と
言われたばかり。
なるほど。
旅行先でも東京の自宅でも、確かに同じような過ごし方だなぁ。
あとは、平日は4時間程度の睡眠なので、週末は少しは余計に
寝ているかな?
お客様には、「とにかく睡眠!美人を作るには、8時間は必ず
寝てくださいね」と勧めていますが、ダメだなこりゃ。(笑)

日本骨気協会
http://korugi.jp
林 幸千代

2009年最後のブログ

休日は、東京でも軽井沢でも、基本的には散歩と読書をして
静かに過ごすのですが、軽井沢では近くに書店が無いため、
毎回、軽井沢図書館を訪れます。

d0339896_14094162.jpg


そして、折角、軽井沢にいるのだから、東京では手にする
ことの無い、軽井沢に所縁のある作家の本でも読もうかな、
と、堀辰雄を通り越して、まず、室生犀星を手に取りました。

室生犀星晩年の傑作を読み始めたのですが、これほど
耽美的な小説を読んだことが無いような・・・
男女の情の切なさ、性欲や愛情のかなしさを、シュールな
設定で耽美的に描かれていました。
外は-3℃!雪景色の中、バッハを聴きながら、薪ストーブの
火がゆらゆらと、これまた耽美的な炎の動きに見惚れながら、
静かに時間が流れていきます。
週末、このように静かな時間を過ごすことで、平日の高揚
している自分をオフに戻すことが出来るのかなと思います。

d0339896_14094212.jpg


さて、明日から年末年始休業に入らせていただきます。
今年もたくさんのお客様と出会えた喜びを、スタッフ一同、
心から感謝をしております。
それでは、皆さまのより一層のご多幸とご健康を祈念して、
2009年最後のブログとさせて頂きたいと存じます。

皆さま、どうぞ良い御年をお迎えください。
来年も日本骨気協会を何卒よろしくお願い申し上げます。

2009年12月28日
日本骨気協会 
会長 林 幸千代
http://korugi.jp

起きたら、雪!

先週末の軽井沢は観光客もかなり減って、静かな冬の軽井沢の
到来を宣言したようでした。

金曜日の深夜、軽井沢駅に到着すると駅構内の気温計は−2℃。(!)
プリンスホテルのスキー場滑走路は真っ白で、
『うわっ、雪だ~!寒~い!』と、思わずコートの襟を立てながら、
急いで駐車場に向かいました。
土曜日、日曜日は快晴で、軽井沢での日課である、一日5kmの
ウォーキングは問題ありませんでしたが、今朝、起きたら真っ白!

d0339896_14094300.jpg

■今朝7時、2階からの景色

この景色から1時間後には東京駅に着いているとは・・・
長野新幹線、感謝です!

日本骨気協会
http://korugi.jp
林 幸千代

軽井沢で刑事。(?)

連休中は軽井沢に帰っていましたが、雪の予報は見事に
外れて、毎日素晴らしい快晴でした。
浅間山も美しく化粧され、まさしく冬!
やっぱり山は冠雪してこそだなぁ~と思います。

d0339896_14094597.jpg

■ベランダから

連休中は、大好きなバッハのバロックをBGMに、読書と最近
ハマっている貴腐ワインとで、初冬の軽井沢を愉しみました。
しかし、読書と言えば・・・
友達とおススメ本を交換したのですが、私のは第4巻で完結。
しかし、彼のは何と11巻!
それがハマりにハマって、読書の秋とは言え、2日で1冊の
ペースで読み耽り、頭の中は、主人公の刑事一色!(?)
ハマり過ぎ・・・。

そんな中、最悪な事態に!
というのは、連休中は自然と戯れて読書をする時間は大して
無いだろうと考え、軽井沢へは2冊だけ持参しました。
ところが、あっという間に2冊とも読み終わり、あとは、最後の
第11巻を残すだけに。
ところが、最後の1冊は東京の自宅にあり、手元に無い。
このストレスと言ったら半端じゃない・・・

そんな思いのまま眠りについて、静寂極まる明け方近く、
ガサガサッという物音で目を覚ました!
頭の中は、すっかり刑事の私(?)、『何だっ!事件かっ!』と
飛び起きて、息をひそめてベッドの上で微動だにせず。(!)
『あの音は一人じゃないな、さては複数人の犯行かっ?!』と、
夕べ読んだ刑事小説が頭を過る・・・
軽井沢と言えば、何たって、“浅間山荘事件”。
何が起こるかわからない。(?)

そこで、勇気を振り絞ってロールスクリーンを開けたっ!
すると、窓下で、美味しそうに朝ごはんのどんぐりを食べている
お猿の家族がっ!?
うわっ!えっ、何だこりゃ~?!
“朝、窓を開けたらお猿がいる”なんて、そりゃ東京じゃ考えられ
ないし、いやいや、東京じゃなくても普通は考えられない。
動物園に住んでるわけじゃないんだからさぁ、犬でもないし。(?)

d0339896_14094544.jpg

■「あら、おはよう!今、起きたの?」と、おチビに見つめられ・・・

とっさに窓を開けて、私が、『えっ、あっ、キャ~、かっわいい~、
%$#&%'%$"'#('&(#'!』と、あたふたしていると、お腹いっぱい
どんぐりを食べでご満悦なお猿家族は、おチビを背中にひょいと
乗せて、「ほな、さいなら」と朝靄の中をさっさと帰ってしまった・・・

d0339896_14094553.jpg


軽井沢生活、想像以上に面白い・・・

日本骨気協会
http://korugi.jp
林 幸千代

軽井沢便り_6

先週末は、3週間ぶりに軽井沢に帰りましたが、季節はすっかり
秋から晩秋に移り変わっていました。

d0339896_14094718.jpg

■゛晩秋゛ テラスより

枯葉がパラパラと舞い落ちる以外一切音が無く、また、暖炉が
恋しくなるこの季節は、お家の中で過ごす人達が増えて、灯りは
見えても、ほとんど人に会うことはありませんでしたね。

一日3回、読書しながらお風呂に入り、2日間で3冊読み終えて、
大好きなバッハのバロックを聞きながら、夕方からワインを・・・
これからやって来る、最も美しい私の大好きな゛軽井沢の冬゛を
待ちわびながら、人恋しい晩秋に心を奪われる・・・

芥川龍之介、川端康成、室生犀星、堀辰雄、遠藤周作、井上靖・・・
軽井沢を愛した文豪は数多く、また、現在も多くの作家や著名人が
別荘をお持ちですが、最近では移住されている方も多いですね。
東京駅から1時間ですから、移動もまったく苦になりませんしね。

d0339896_14094743.jpg

■゛紅葉゛ テラスより

ただ一日中、外の景色を見ているだけなんて、東京だったら、
『何かすること無いかな~』と思ってしまうところですが、
軽井沢での休日は、そんな過ごし方が一番贅沢に感じます。
そういう時間を過ごしたくて行くようなものですね。
分刻みで刻一刻と流れていく東京での24時間とのギャップが、
大変心地よく気に入っています。

本当は、土日祝日もサロンを開けていたら、もっともっと多くの
お客様の予約を受付ることができるのですが、私が自分らしく、
毎日の仕事を心から゛楽しい!゛と感じられる時間軸で、仕事を
していきたいと思っておりますので、我儘で申し訳ありませんが、
週末はお休みをさせていただきますね。

日本骨気協会
http://korugi.jp
林 幸千代

軽井沢便り_5

今朝、7時過ぎに軽井沢の家を出てきた時は、ナント、5℃!
朝のニュースでは、東京の気温は25℃と聞いていたので、たった
1時間の移動で20℃の気温差はすごいなぁと改めて感じました。

d0339896_14094989.jpg

■今朝6時過ぎ、ベランダより(右側が浅間山)


d0339896_14094997.jpg

■小春日和の3連休

軽井沢の土地を探し続けて3年、毎月、真剣に(?)通い続けて
いましたので、知らぬ間に、ずいぶん知人も増えました。
その中で、恵比寿のフレンチで修行をしていたシェフがいるの
ですが、夕べは彼のところに行きました。

お見送りをしてくださる時、
「林さん、実はうちの女の子で、『骨気メソッド』を熟読して、全て
完全にマスターしたらしいのですが、何か、新しい手法を教えて
頂けないか聞いてくれ、と頼まれているのですが・・・(苦笑)」と。
『えっ!軽井沢でも、『骨気メソッド』本、売っているんだ』と、今だに
全国での販売が信じられず(いい加減、信じなって?(笑))
とっても嬉しくなりました。

そこで私は、「新しいセルフ骨気は考えてないから、それだったら、
次回来た時に、私が彼女に小顔骨気をしてあげるわよ」と言うと、
「えっ~~!ホントですかぁ!株が上がっちゃうなぁ~」とシェフ。(笑)
「そんなことくらいでいいんだったら、いつでも言ってよ~、小顔にする
ことくらいしか特技(?)は無いので」、と、ノリノリ!(笑)
最近は、スタッフへの指導時間や雑用が増えて、骨気施術があまり
出来ないことが一番のストレスかも・・・
レストランで骨気、やっちゃうよ~(笑)

日本骨気協会
http://korugi.jp
林 幸千代

軽井沢便り_4

シルバーウィークは何をするでも無く、ずっと軽井沢の家で過ごし、
今朝は7時頃軽井沢を出て、恵比寿に向かいました。

d0339896_14095016.jpg

■家のベランダに、またお猿出没!
 1m程先で写真を撮っても、木の実を食べるのに忙しそう。(!)

d0339896_14095090.jpg

■猿レンジャーのお兄さんが、お猿を山へ帰そうと、毎日のように
 エアガン片手に歩いていました。 しかし、私は、野生の動物と
 一緒に暮らしているようで、な~んとなく楽しくもあり・・・


d0339896_14095073.jpg

■夕暮れ時、ベランダから浅間山を・・・

今朝は暖かく、軽井沢の朝7時でも12℃ありましたが、滞在中の
朝晩は7~8℃。(!)
毎日、夕方からは、めっきり秋の気配が感じられ、夕方、近所を
散歩していると、どこからともなく薪の燃える臭いが・・・
もう、軽井沢は暖炉の季節なんですね。
たくさんの方たちが訪れる夏の賑やかさが終わってしまうと、
軽井沢は一気に人恋しい晩秋に向かいます。
これから浅間山が冠雪する季節が、軽井沢は一番美しいです。
この季節を感じたいから、私は軽井沢にいるようなものかな。
大好きな季節の到来です・・・

日本骨気協会
http://korugi.jp
林 幸千代

軽井沢便り_3

今朝、軽井沢を出てくる時は18℃。
朝晩すっかり肌寒く、山が美しい季節となりました。

ところで、昨日の午後、散歩をしようと家を出たところ、前の
別荘の庭先に、大木のようだけれど何となく形が変な感じの
ものがある。(いる?)
じっ~と見ていたら、一部が動く!(?)
えっ、あれ、もしかしたら、カモシカじゃないの?!
あっ、葉っぱを食べ始めた!
しかし、どうしても、うちの前の庭に“カモシカ”がいると
いうことに、理解?納得?が出来ない自分達がそこにいて・・・
そりゃ、犬や猫じゃないんだからねぇ・・・
「ねぇ、あれ、カモシカじゃない?」
「えっ?どこ?カモシカ?そんなぁ・・・。あっ、ホントだ!」と、
二人でその場に固まって、じっ~とカモシカを見つめて数秒。

d0339896_14095156.jpg

■前の別荘の庭先で・・・

連れが静かに、「カメラ、家から撮って来てあげようか?」と。
「うん、そおっとね・・」と、私がカモシカの見張り役になり、
『そのまま少し待っててね』と、お願いしながら見張っていると
カモシカも私を見張りながら(?)ちゃんと言うことを聞いてくれて、
ようやく間に合い、写真撮影!

d0339896_14095111.jpg

■庭先でお散歩(?)

ここは滅多にサルもカモシカも見ることの無い場所なのですが、
いや~、本当に驚きました。
近くのレストランのお兄さんに、
「さっき、うちの前にカモシカがいたのよ、見たことある?」と聞くと、
「カモシカですかっ!いいえ、見たことありませんねぇ・・・」と。

d0339896_14095120.jpg

■撮影を終えたら、サッサと帰って行きました・・・

週末軽井沢住人になって、早2ヶ月。
自宅のベランダにはサルが来て、前の庭でカモシカも見た。
次は、クマかも・・・(!)
軽井沢で過ごす週末、ただ、読書と散歩をしているだけですが、
何となく楽しくて、かなり、気に入っています・・・。

日本骨気協会
http://korugi.jp
林 幸千代

骨気 夏休みをいただきます!

お陰様で、連日満員御礼の日々が続きまして、スタッフ一同、益々
士気があがっておりますが、誠に勝手ながら12日から16日までは
夏季休業とさせていただきます。

さて、私は、今年の休暇は沖縄で過ごす予定ですが、最近は、
どこにいても、骨気がとても身近に感じます。(?)
というのは、週末、軽井沢の家に帰り、ジャクジーに入りながら、
軽井沢図書館で借りたファッション雑誌のメイクページを眺めて
『ふ~ん、一般のOLさんでもメイクをきちんとすると、こんなに
なるんだぁ・・・キレイだなぁ』と。
そして何気なくメイク前の顔写真と名前を見て、「えっ!これって、
xxさんだっ!あら、まぁ!」と。
その読者モデルさんは、トライアル骨気で何度かご来店されて
いるお客様でした。
あら・・・確かに読者モデルを時々していると言っていたなぁ、と
思い出し、お風呂に入りながら、何だか嬉しくなりました。(笑)

d0339896_14095360.jpg

■軽井沢町立図書館

また、夜、何気なくつけたTVに映った顔、ん~、知っているような、
知らないような・・・これ(主役)って誰だっけ?と思うと同時に、隣で
読書をしている連れに、「ねぇねぇ、これ何という女優さん?」と聞くと、
予想通り、「わからないねぇ・・・」と。
そこで、私は、「ねぇねぇ、これ、xxxx?」と聞くと、「そうかなぁ、
知らないなぁ」と。(!)
そこで私は、「だって、右側の目が左側の目の位置よりxxでしょ?
そして、頬骨を見てみて!右側がxxxxで、左側がxxxxx。ねぇねぇ、
これって、xxxxでしょ?xxxxに間違いないわよ!メイクしているから
よくわからないけれど、だって骨気に来たもの。カウンセリング時に
一緒に分析した顔、そのものだもん!」と。
連れは、「すごいねぇ・・・そういう風にひとを当てるのって、他には
いないだろうねぇ・・・(笑)」と。
うん、これは間違くなく、xxxxさんだ!
しかし、メイクをするとやっぱり変わるものだなぁ・・・と。(笑)

その数日後、大阪支店に行く途中、大阪駅の地下構内で、その
女優さんのポスターが貼ってありました。
私は、『おっと、xxxxさんだっ!』と、ポスターの前で立ち止まって
じっくりお顔を観察。
『ん~、やっぱり、右側の目が左側の目の位置よりxxで、頬骨の
右側がxxxxで左側がxxxxxだなぁ。次にいらした時に、治さなきゃ
ダメだなぁ・・・』と。
職業病ですね。(笑)

日本骨気協会
http://korugi.jp
林 幸千代

軽井沢便り_2

今朝は6時に起きて、新幹線で通勤しました。
軽井沢を出た時は19℃でしたが、東京駅に着いたら30℃!
たかが1時間少しで、この気温差にはビックリ。(!)

ところで、今週末は事件が発生!
猿レンジャー(?)のお兄さんが、別荘地内でエアガンを背負って
歩いているのを見たと思ったら、お隣近辺から、「ギャアー!」と
大きな叫び声。(!)
猿レンジャーのお兄さんは、叫び声の別荘に向かって、
「大丈夫ですか!」と、エアガン担いで道路から玄関まで
一気に駆け上がり。
何やら事件ぽい・・・
耳を澄ませて聞いていると(笑)、どうやら窓を開けていた
お隣のリビングルームに、お猿が侵入したらしい。(!)

私は大急ぎで全室の窓を閉めて、所用で来ていた別荘管理
事務所の設楽さんと、外を見ながら話をしていると、
『っー!#%)(’%$#$%&!』、ナント、私たちの目前の
ベランダの、右側から左側を、大きなお猿がこちらを見ながら
走っている!!

d0339896_14095434.jpg

d0339896_14095473.jpg

こんなことって・・・!
家の中にいる私たちが、まるで動物園のオリの中のよう・・・
いきなり軽井沢、すご過ぎる・・・

ちょうど今日の午前中、数年前に、東京から軽井沢に移住され、
毎週のように軽井沢から『小顔コース』に通われていらっしゃる
お客様のご予約が入っていましたので、“軽井沢のお猿状況”を
お伺いしようと思っていたら、いつものことながら、気がついたら、
夕方だった・・・

それにしても、自然の中での暮らし、結構、面白い・・・
かなり気に入っている。

日本骨気協会
http://korugi.jp
林 幸千代

林幸千代 ブログ


by sachiyo