足やせ

今晩、4月末発売予定の某ファッション雑誌の取材がありました。
今企画は、口コミや美容ライター達で話題になっている美容施術とのこと。
私のところへは、“足やせ”で取材依頼が来ました。
d0339896_14105330.jpg

『痩身骨気』や『スペシャル骨気』、つまり、ボディの骨気を施術された
お客様は、施術後たいてい、「足が軽~い」、「ブーツがゆる~い!」、
「ジーンズがラクに穿けた~!」などと仰って帰られるのですが、
『骨気療法』はそれが当然なので、私は特に驚きもせずにいました。

ところが、今日、取材にいらした編集者の方は、ナント、メジャーを
ご持参されました。
「“あるあるxxx”になってはいけないので、ちゃんと数字で表します!」と。
まぁ、ごもっともではありますが、今まで数多くの取材を受けましたが
メジャーをお持ちになられた方は初めてで、一抹の不安が・・・
私は、『万が一、施術後、サイズが大きくなっていたらどうしよう?!』
などと有り得ないことまで想像してしまい計測完了、いざ施術開始!

もちろん、施術に入るとそれ自体に没頭してしまうので計測のことなど
すっかり忘れていましたが、あまりに髪を振り乱してはマズいと思い、
カメラマンさんに、「綺麗に撮ってね。」とニコリ。(笑)
カメラマンさんも、「もっちろん!」と。
『今日のカメラマンさんはノリがいい、こんな日はきっといい施術が
撮れるはず。』と思い、施術修了後サイズを計ると・・・・・・
★太ももサイズ、施術前44.5cm、施術後はナント 42.6cm!
★つまり、1.9cmサイズダウン!
★しかも、たった10分程度!
これには、編集者、カメラマン、私の可愛いスタッフ、そして私、
全員ビックリ!
編集者さん曰く、「短時間でこれだけサイズダウンしたものは
過去に無いわね。骨気は、太もも(掲載パーツ)で行きましょう!」と。

老廃物の溜まり具合や贅肉のつき方、また体質や年齢などにも
よりますが、この短時間で太ももが約2cmのサイズダウンとは・・・
一番驚いたものは、私かも・・・・
骨気、恐るべし・・・

■『林幸千代美容研究所』
http://korugi.jp

ご褒美

先日、ある女性作家が、゛一作書き上げるとよく頑張った自分にちょっとイイ品物を買う。それが自分に対するご褒美。゛と書いてあった。
確かに、その気持ちはよくわかる。
でも、もっとよくわかったのは、その作家は自分の作品が映画化されると、一般の観客と同じ視線で観るために、電車に乗って映画館に行き自分でチケットを買って観るそうだ。
そして今回も映画館に向かうために電車に乗ると、ナント、目の前に座っている素敵な女性が彼女の書物を夢中で読んでいた、と。(!)
作家は声をかけた方が良いのかと思ったり、いや、そんなことをしたらイメージが崩れるからダメだ、と思ったり混乱状態。そして一人赤面しドキドキと心臓が波打ち・・・という経験をしたそうだ。
そして、最後に作家は、自分の書物を読んでくれている偶然のその光景が゛何よりのご褒美だった゛と書いてあった。
d0339896_14105417.jpg

私はそれを読んでいて、懐かしいシーンを思い出した。
株式会社キレイコムを創業した頃、40分程の電車通勤をしていた。
創業時なんて誰でもそんなものだが、寝る時間の4~5時間を除き、
それ以外の全ての時間は仕事をしていた。
゛疲れた・・・゛なんて思う瞬間も無く、とにかく働く。
私は、唯一の情報収集として、毎朝、通勤電車で日経新聞を読んでいた。
と、そんないつもの朝、私は自分の目を疑うような記事を目にした。
そう!
私の会社の記事が出ていた。もちろん、゛代表取締役社長 林幸千代゛と
ハッキリ書かれていた。(!) 
先般の作家同様、一人意味無く赤面し心臓がドキドキし、何度も何度も
その記事を読んでみるが一向に頭の中に入らない。
すると、ナント、隣に座っている素敵な紳士も同じ箇所を読んでいるでは
ないかっ!
私は作家同様、「あの~、それは私です。」と言おうかと思ってみたり、
いや、言ったところで不気味に思われるとあれこれ考えたり・・・(笑) 
そんな嬉しくも有り、照れくさくも有りという経験をしましたが、それが
今までの仕事人生の中で、一番最初の゛ご褒美゛だったような・・・
『少しは私も仕事をしているんだなぁ・・・』と初めて思った瞬間でしたね。

そして、最高の゛ご褒美゛とは、自分が自分のためにすることでは無くて、
自分以外の誰か(今回の場合は神様?)が、してくれることなんだなぁと、
つくづく思いましたね。

最近は、『骨気療法』の取材で雑誌やテレビに出る事が頻繁ですが、
最初のメディアデビューはこんな感じでした。(笑)

■『林幸千代美容研究所』
http://korugi.jp

Celebrating Our First Anniversary!

お陰様で、『骨気療法』を日本で開始して、あっという間に
1年が過ぎようとしています。
d0339896_14105483.jpg

忘れもしない、昨年の4/3が最初の骨気施術日だったなぁ。
そして、その3日後に、有名美人タレントさんの予約が入って・・・
しかし、その当日、私は10年に1度あるか無いかの体調不良。
健康だけが取り得の私としては、本当に珍しい。

デスクワークなら出社後寝ていれば良いものの(良くない!(笑))、
骨気の仕事は、そうはいかない。
しかも、そのタレントさんの予約は、『スペシャル骨気』!
90分ノンストップ、体調万全でも終わればヘトヘトになる施術。

゛もう絶対に来てくれない゛、゛マスコミに悪口を言われる゛等と、
胃が口から飛び出しそうになるくらいキリキリと痛み、思考回路は
完全に途切れる最中、あれこれと思いをめぐらせた結果、
「何言われたっていい、仕方ない!キャンセルしよう!」と受話器
片手に社員に事情を説明した。
可愛そうな、よく出来た私のスタッフ・・・。
彼女の事務所に事情を話してキャンセルのお詫びをした直後、
当のご本人から、直接、超激怒の電話があったそうな。(!)
そりゃ、売れっ子タレントさんだから、スケジュール調整に大変
だったご様子で。
しかし、怒りの最中ちゃっかり次回の予約をしてくださったと。(笑)

そして、体調も回復した彼女との再会日。じゃなくて初回日。(!)
部屋に入って来た途端、私は土下座をして謝罪しようと思いきや、
彼女はルンルン状態。(?)
私は、「先日はお忙しいところ本当にご迷惑をおかけ致しまして
大変申し訳ありませんでした。」と深々とお詫びを申し上げると、
「いいのよ~、もう体調はよろしいの~? 」と、何ともセクシーな、
゛あの声゛で言われてしまった・・・
しかも、施術後、「これ、すごくいいわね~。」と仰って、その後も
予約をしてくださり有り難く思っています。

あれから1年かぁ・・・。
時間にしたら1年だけれど、5年くらいを凝縮したような・・・
まぁ、大学4年から始まった私の事業家人生、ずっとこんな
感じだったような気もするし・・・(笑)
とにかく、1周年です!
記念キャンペーンも始まりますので、是非、HPをご覧くださいね。

■『林幸千代美容研究所』
http://korugi.jp

超小顔のモデルリピーターさま!

骨気は本当にすごい。
「なんで、一回で顔がキュッと小さくなるの?」、「なんで、翌日痩せたね?と言われるの?」など、「なんで?」がとても多いです。
まぁ、私もそれが発端で、韓国に住み着いてまで修行をしたわけですから、皆さんの気持ちは、よーくわかります。
そこでさらに嬉しい話が・・・
d0339896_14105460.gif

昨夏発売の『VERY』に掲載された『骨気療法』をご覧になってご予約をされて以来、毎週欠かさず通っていらっしゃるモデルさんが、先日、モデルクラブのプロフィール用写真撮影会で、同業のモデル仲間に、「oooさん、ホントに顔が小さいねぇ」と言われたと。(!)
顔のサイズが命取り(?)のモデルの世界で、ライバルに「顔が小さい」と言われたと。

そのリピーターさんも喜んでいらっしゃいましたが、その小顔を責任持って担当している私としては、たぶんその何倍も何十倍も嬉しくて嬉しくて・・・
心から、『やった!嬉しい~!』と。(涙)
でも、そのお客様、「ここを教えなかったからね。ここは私の隠れ家だから、絶対に誰にも教えないんだ」と、いつもの口癖を仰って帰りました。(笑)

■『林幸千代美容研究所』
http://korugi.jp

顔のゆがみ

昨年4月に始めた『骨気療法』。

開店当初は小顔目的でいらっしゃる方が
70%でしたが、最近は小顔目的とゆがみ
矯正が目的の方とで50%。

この仕事をしてみて初めて気がつきましたが
顔の左右対称差、つまり、顔のゆがみを
気にされている方は本当に多いですね。
顔のゆがみ矯正は、骨を上手に触っていく
施術方法で私の最も得意とする施術です。

d0339896_14105408.jpg


ところで、今日もスタッフと
「最近、顔のゆがみ矯正希望の方が多いね」と
話をしていたところその原因の一つが携帯電話ではないか?と。

というのも、こんな記事が…
1990年代、イギリス某大学の研究グループが
政府の委託を受けて、
『携帯電話による電磁波の研究』に着手したところ
「予防措置を取るべき!」と警告しました。
それを受けて政府は、「16歳以下の子供には
携帯電話の使用を控えさせるように」と発表したと。
ということは・・・・・・?!


日本骨気協会
http://korugi.jp/
林幸千代

林幸千代 ブログ


by sachiyo